本文へジャンプします。

ビジネス・経済
SIMロック解除の義務化直前! どういうことになり何がお得になるかなど疑問点や仕組みをおさらい
 2015年5月といえば、いよいよ「SIMロック解除の義務化」が始まるということで注目が集まっている。あとで詳しく見ていくが、NTTドコモ、au、ソフトバンクといった携帯電話各社も、SIMロック解除に対する対応状況を続々と発表。ユーザーとしては使い方や選択肢の幅が広がると期待に胸躍らせてしまうが、いまだに?マークが出てしまう人もいるのでは?

 というわけで、まずはおさらいから。そもそもSIMロックという言葉にピンと来ていない……なんて人は、「特定のキャリアでしかSIMカードを使えないように制限している」ことと覚えておけばOK。SIMカードとは契約情報や電話番号などユーザーを識別する情報が記録されている小型のICチップのことで、これがないとスマートフォンなどで通話や通信ができないという重要なパーツだ。

 このSIMロックが解除された状態をSIMフリーといい、これがどのキャリアにも義務化されれば、SIMカードを使い回すことができ、いってしまえば1枚のSIMカードで好きな端末と自由にユーザーが組み合わせて使えるということになる。

 各キャリアのどのSIMカードも使えるということは、一社に限らずプランが選べたり、キャリアを変更してもこれまで使っていた端末が使うこともできる。さらに、「NifMo 」などをはじめとするMVNOが提供するリーズナブルな月額料金のサービスも、ユーザーである我々が自分に合ったものを自由に選べるという、とてもハッピーな状況を迎えられる。 

 特に“格安”というイメージが定着し、毎月の通信費を抑えたい人たちの間で人気を集めているMVNOならSIMフリーのメリットを多く受けられ、Nif Moを例に挙げて説明すれば、音声通話にも対応したSIMカードやデータ通信専用のSIMカードを3大キャリアよりも割安な月額料金で使えるなど、使う人の利用状況次第では、SIMロック解除による恩恵を最大限に受けられる可能性も。

 ここで、3大キャリアのSIMロック解除の義務化への対応策を見ていこう。この記事を書いている2015年4月末現在の情報にはなるけど、ドコモは5月1日以降の発売機種について、インターネットや電話、ドコモショップ店頭での受付によってSIMロックの解除が可能に。事務手数料はインターネット経由は無料だが、電話とドコモショップ店頭の場合は所定の金額がかかるようだ。また、4月30日までに発売される機種のSIMロック解除受付は、ドコモショップ店頭だけで、同様に事務手数料が発生する。

 ちなみに、5月1日以降に発売される機種に関しては、6カ月の解除制限期間が新たに設けられるため、SIMロック解除ができるのは早くても2015年11月以降となる模様。

 auのSIMロック解除受付はインターネットとauショップで行われ、インターネットでの申し込みなら事務手数料は無料で、店頭では所定の金額がかかる。5月1日以降に新たに発売され、SIMロック解除機能に対応した端末が対象となるが、購入日から180日が経過していることがSIMロック解除の条件となっているようだ。

 なお、ソフトバンクに関しては、記事執筆時点で対応策は発表されていない。

 キャリアごとに対応状況は違ってはいるが、とにかく5月1日以降に発売される新機種であれば、条件に違いはあれど、おおむねSIMロック解除できるといえそう。

 SIMロック解除が義務化されることでユーザーが受けられる恩恵は多いが、もちろん注意点も。

 たとえば、キャリアから販売されている端末はキャリア専用にカスタマイズされているケースが多く、SIMフリーのカードを挿して使うときに性能を最大限使えるかは不透明。また、継続利用を前提にした端末代の大幅割引というサービスが定着しているが、SIMロック解除の義務化によって短期間での解約が増えれば、こうした販売施策に影響があるのでは……ともいわれている。

 そうはいっても、SIMロック解除義務化は、大手キャリアの端末を購入後、SIMロックを解除してNifMoなど低価格な月額料金で運用しようと考えている人などには楽しみな制度だろう。今まで二の足を踏んでいた人も、今回の義務化で選択肢を広げられるだろうし、モバイル関連の固定費が今よりも安くてお得になっていくと思えば、今後の展開に期待が持てるというものだ。

※記事は2015年4月現在の情報を基に作成。

新着記事