本文へジャンプします。

ガジェット
スマホが「スター・ウォーズ」仕様に早変わり! 壁紙に着信音だけでなくTwitterアイコン、アプリも充実
 今さら説明はまったく不要なほど、世界中に熱狂的なファンがいる「スター・ウォーズ」strong>シリーズは、2015年12月に最新作となる映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が公開予定ということもあってか、IT業界でも“スター・ウォーズイヤー”として盛り上がりを見せているみたい。最近ではYahoo!が、「スター・ウォーズ」の有名なセリフになぞらえて、5月4日を“スター・ウォーズの日”として、当日限定で特別企画を実施したことも話題になった。

 きっと「IT小ネタ帳」の読者の中にも「スター・ウォーズ」のファンは多いと思う。そこでスマホに「スター・ウォーズ」を採り入れて、さりげなく「スター・ウォーズ」ファンであることをアピールしてみるのはどうだろうか?

 まずは、壁紙をスター・ウォーズにしてみよう。AndroidならGoogle Playで「スター・ウォーズ 壁紙」といったようなワードを入れて検索すれば、フリー素材のイラストや写真をはじめ、数多くの画像がたくさん見つかるはず。それをダウンロードして設定すれば、スマホの画面が「スター・ウォーズ」へと変身する。

 オリジナリティーを出したいということであれば、お気に入りの写真やアイテムをカメラでパチリとやって、撮った写真を壁紙に設定なんていうのもいいかも。ただし、その場合はあくまでも個人的な利用にとどめること。出来映えがいいからといってインターネット上で勝手に配布するのは、もちろんNGだ。

 壁紙だけじゃ物足りない。音も「スター・ウォーズ」にしたい! もちろん音系ネタも充実していて、特にiPhoneであればiTunes Storeを使わない手はない。

 探し方はいたって簡単で、iTunesを開いて「その他」→「着信音/通知音」の順で項目を選んでいく。そうしたら「スター・ウォーズ」関連をまとめたコーナーがあり、R2-D2の音ダース・ヴェイダーの声などバリエーション豊富に用意されている。気に入った音があれば購入し、デフォルトの着信音やメールなどの通知音に設定すれば、「スター・ウォーズ」仕様の音に、あっという間に変更できてしまうのだ。

 壁紙や音以外にも何か……という欲ばりな人には、Twitterのアイコンを「スター・ウォーズ」のキャラクターに変更なんてどうだろうか?

 C3POなどお気に入りのキャラクターを選び、ハッシュタグでそのキャラクターをツイートすると自動的に表示される。また、LINEのスタンプショップにもスター・ウォーズが登場。ダース・ヴェイダーらの人気キャラクターの表情がコミカルで、きっとウケること間違いなしだ。

 さらにスター・ウォーズ関連アプリも充実。オススメはライトセーバーのアプリで、スマホをライトセーバーに見立てて振ると効果音が鳴り、動きに合わせてフラッシュが点滅する。まるで気分はジェダイ騎士だ。また、アングリーバードのスター・ウォーズ版、カードコレクションゲーム、基地を作って攻めたり攻められたりというシミュレーションゲームも人気。映画最新作の公開まで、スマホでスター・ウォーズライフを満喫するのも楽しいかも。

新着記事