本文へジャンプします。

ビジネス・経済
iPhoneアプリの「iBooks」をビジネスにプライベートに便利かつ有効に使いこなす!
 iPhoneを使っているユーザーの間で、使用頻度が低いアプリとしてやり玉に上がりがちなのが「iBooks」だ。iBooksは文字通り、電子書籍を読むためのアプリだが、本離れ文字離れが進んでいると言われている今、それすらも読む機会が減っているのが現実なのかもしれない。

 だからといって、iBooksを放置したままにしておくのは、実にもったいないと思う。使い方次第では、けっこう便利に使えたりもする。

 まずiBooksは電子書籍リーダーではあると同時に、PDFリーダーでもあることを忘れてはいけない。つまり、メールなどで送られて来たPDFや、インターネット上にあるPDFを読み込むことができるのだ。もちろんPCから書類を転送することも可能。iBooksのあの書棚に、書類がずらっと並ぶと見やすくてけっこう管理しやすいと、個人的には感じている。アプリ内に保存したPDFを読みたいときは、書棚に並んでいるPDFファイルをタップするだけで見られる。

 また、最近登場したアプリ「iBooks Author」を使えば、自分で電子書籍や電子パンフレット的なものが作れるそう。さまざまなテンプレートも用意されているか、誰でも簡単に始められるみたい。

 PDFリーダーという部分にひもづけして話をすると、俳優や声優の間では、台本をPDF化してタブレットで持ち歩く人が増えているとのこと。声優の方ならば、マイクの前でページをめくる音がしないのが喜ばれているなんて話もチラホラ。

 そんな方々の間で使われているのが、「iAnnotate PDF」というアプリ。これは台本にト書きをする感覚で書き込みができる。「GoodNotes」というアプリもあって、一覧からすぐに任意のページに飛ぶことができ、かなり便利。仕事などに必要な資料をデジタル資料として作成し、その他のアプリも併用しつつ使っていけば、構成もメモ書きも自由自在。いろいろ書き込んだPDFをiBooksで管理なんて便利だし、なかなかしゃれているかも!

新着記事