本文へジャンプします。

スマホ・携帯
どこまでやっても不安が尽きないけど……スマホを下取りに出す際にはココに気を付けよう!
 「お使いのスマートフォンを最大○円で下取りします!」といったキャンペーンにお目にかかったことはないだろうか。

 名簿に写真にスケジュール……日々の生活を管理する便利ツール、それがスマホ。長年愛用してきた機種を下取りに出すことは、自分の一部を失うような感覚だと表現する人もいる。機種変更を考えた際、あるいはキャリア乗り換えの際、少しでも新機種代の足しに……とは思うものの、高く売れればいいというものでもない。

 下取り先には各キャリア、中古買取を行う家電店が考えられる。キャリアの下取りプログラムがポイントでの支給なのに対し、中古業者やオークションは現金でのやりとりが主流。スマホの機種や状態によって価格が変動するけど、多少の傷があっても下取りはできるところが大半だから、査定の手順や付属品など細かい条件をチェックした上で持ち込みやすいところへ行ってみるといい。美品ならばオークションという選択肢もありかも。

 ここで気になるのがやっぱり端末の中にあるデータの扱い。スマホの中身は個人情報だらけ。以前は店舗で新機種へのデータ転送なども請け負っていたけど、いろいろな事情もあってか、現在はバックアップやデータの削除、初期化などは原則として持ち主が行うことになっている。

 iOSにもAndroidにも初期化機能がついてはいるけど、情報が漏れるかどうかの心配は尽きず、データ抹消ソフトなどで確実に消去するべきでは……? と迷う方もいると思う。100%信頼して任せられる相手がいるならばそれでもいいが、ここはひとまず自分の手でやっておこう。

 適切にバックアップを取ったあとは、いよいよ初期化。iOSの場合は「設定」→「一般」→「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」で出荷状態に戻すことができる。  

 Androidの場合は暗号化してから初期化する。「設定」→「セキュリティ」→「端末の暗号化」をしたあとで、「設定」→「バックアップとリセット」→「データの初期化」で出荷時の設定に戻せる。SDカードが入っている場合は、そちらも初期化するか、本体から抜いてしまうといい。

 なお、おサイフケータイを契約している場合は、事前に手続きが必要になる。初期化前に確実にすませておこう。

新着記事


本サイトに記載されているブランド名および製品名はすべて、各所有者の登録商標または商標です。

”お役立ち”と感じたらぜひフォロー
  • facebookでフォローする
  • twitterでフォローする