本文へジャンプします。

パソコン・ソフトウェア
朝イチの活動にスタートダッシュを!PCやブラウザを効率よく立ち上げる方法
 ブラウザ立ち上げた時に表示されるサイト、いわゆる“ホームページ”は、ニュースサイトだったりSNSだったりと、人ぞれぞれ違うと思う。よく見るページに関してはブックマーク(お気に入り)に登録するなど、効率よく管理をしたい。

 毎回ブラウザを立ち上げるたびに見るのであれば、最初から開いたほうが便利なのは言うまでもない。それなら、いっそのことブラウザ起動時にチェックしたいサイトを一気に開くようにすればいいのだ。この設定さえしておけば巡回すべきサイトを同時に表示してくれるので、ちょっとした手間を減らすことができる。

 おそらく多くの人がホームページはひとつに設定していることと思うが、実はホーム画面に表示させるページは複数の登録が可能。Internet Explorer(IE)とGoogle Chromeというメジャーどころのブラウザでの方法を見ていこう。

 まずは自分が使っているブラウザで、起動と同時に表示させたいページを開く。IEではブラウザの上段にある「ツール」から「インターネットオプション」をクリック。「全般」タブのホームページ欄に起動時に開きたいサイトのURLを入力したら、次に「タブ」をクリックし(IE11の場合)、「Internet Explorerの開始時は最初のホームページだけを開く」という項目のチェックが外れていることを確認。OKを押し、続けてインターネットオプションの画面もOKをクリックして閉じる。これでブラウザを一度閉じてから再起動させるだけだ。

 ではChromeでの手順に移ろう。ブラウザの右上にある三本線で描かれた設定アイコンをクリックし、メニューの中から「設定」を選択。その中から「起動時」の欄にある「特定の1つのページまたは複数のページを開く」にチェックを入れ、すぐ右にある「ページを設定」をクリックする。新しいページを追加書かれた空欄フォームに、ブラウザ起動時に開きたいURLをすべて入力し終えたら[OK]を押す。あとはブラウザを再起動するだけで複数サイトの表示が可能となる。

 ちなみに、FireFox(FF)でも同じようにオプションからいつも見るページをホーム設定にしておけば複数起動が可能だが、FFでさらに便利なのがピン留め。ピン留めしたいサイトを表示させタブ上で右クリックし、メニューが出たら「タブをピン留め」を選択する。タブが小さくなって一番左側に表示されるようになればピン留めは完了。こうしておけばFFを起動した時に表示されるようになる。これはお手軽!

 ブラウザ以外にも、WindowsならPC起動時に特定のアプリケーションやフォルダを開くこともできる。手順は「スタートメニュー」→「すべてのプログラム」の中から「スタートアップ」を右クリックし、「エクスプローラ」を選択。開いたフォルダの中に自動で立ち上げたいアプリやフォルダのショートカットをドラッグするだけでOK。こちらも設定しておけば、朝イチの活動にスタートダッシュをかけられる。なんといってもPC立ち上げ時の煩わしさから解消されるのがいい!

新着記事