本文へジャンプします。

WEB・インターネット
16年ぶりにアップデートされた「HTTP/2」って何? ネット環境はどう変わる?
 近頃、ネット上では16年ぶりにアップデートされた新仕様の「HTTP/2」なるワードをチラホラ見かける。HTTPといえばURLの頭に着いている文字としておなじみだけど、そもそも「HTTP/2」って何なのだろうか?

 簡単に説明すると、まずHTTP(ハイパーテキスト・トランスファー・プロトコル)とはブラウザがWebサーバーと通信する際の方法を定めた通信プロトコルのことで、HTTP/2はアップグレードされた新バージョンということ。HTTP/2は、Googleの「SPDY」と呼ばれる通信プロトコルをベースに開発された規格となっている。ちなみに、SPDYとはWebページのロード時間を少しでも短くするために使用されている技術のことだ。

 思えば、HTTPの原型ができたのは1980年代の終わり頃で、今使われているHTTP/1.1にバージョンアップされたのも1999年。当然ながら16年間でネット環境は驚くほど変化を遂げ、高速通信が当たり前の時代に。そんな中、ついにというかようやくHTTPも最新のものとなるということで話題を集めている。

 回線速度の高速化により自宅でも外出先でも快適なインターネットが楽しめるが、その一方で、Googleの調査によると回線速度が一定を超えてしまうと、それ以上読み込み時間が短くならないということが分かっているらしい。さらに高速での表示を実現するためには、回線速度よりもRTT(ラウンド・トリップ・タイム)を短くすることが必要となり、GoogleはSPDYを開発。HTTP/2はこれをベースに作られている。

 小難しい話はさておき、実際のところHTTP/2に変わるとどんないいことがあるのだろうか? 

 まずは読み込み速度が上がる、つまりブラウザでのページ表示が速くなるということがある。画像や動画などコンテンツがリッチになるにつれ、Webページのサイズはどんどん巨大化。そのため読み込みまでにタイムロスが発生しやすかったが、HTTP/2になればページロード時間を大幅に短縮でき、体感的にも最新の画像やムービーなどが数多く配置されているサイトなどでは、HTTP/2の恩恵を深く実感できるという。

 さらに速度面だけではなく安全面も考慮されていて、シェアの高いChromeとFirefoxではHTTP/2 over TLS(トランスポート・レイヤー・セキュリティ)のみサポートすると表明。HTTP/2と暗号化したHTTPSがセットになることで、セキュリティが強固になると考えられているそう。

 ではHTTP/2を使うために何かをしなくてはいけないのかというと、特別なことはまったくしなくて大丈夫。HTTP/1.1もWindows XPやIE8の使用者が多い現状からしばらくは残るとされていて、ブラウザが両者を自動で必要に応じ使い分けてくれるというので安心だ。

 Chromeが通信プロトコルをHTTP/2に切り替える方針であることを発表ずみのほか、FirefoxもHTTP/2をフルサポートしたバージョンを公開した。また、Windows 10のテクニカルプレビュー版に搭載されているIEもHTTP/2をサポートするなど、続々と対応中の模様。インターネットがさらに使いやすく快適になりそう。

新着記事