本文へジャンプします。

スマホ・携帯
iPhoneのスクリーンショット音はアプリなしでも簡単に無音化できる!
 あとで見返したりSNSでつぶやく時のためなど、iPhoneでスクリーンショットを撮る機会は結構あると思う。でも、いざスクリーンショットを撮ろうとした時、意外に大きいシャッター音が気になったりしない? 

 日本で発売されているiPhoneは、スクリーンショットを撮る際、必ず撮影音が鳴るようになっている。しかも撮影音は端末で設定している音量とは関係なく、思っている以上に大きい。そして、なによりカメラで撮影した時と同じ音というのだからイヤになる。電車内やカフェなどならまだしも、一歩間違えば、スクリーンショットを撮っただけなのに、無断で撮影した……と周りからとられかねない。困ったものだ。

 実は、海外から輸入されたSIMフリー版のiPhoneならスクリーンショットを撮っても音は鳴らない。なんてユーザーライクな設定でうらやましい。まあそうはいっても、大半の人は日本で発売しているiPhoneを使っているだろうから、なんとか音を消す方法を……と思って調べていたら、やっぱりありました! もう知っている人もいるかもしれないけど、さっそく音消しの手順を紹介していこう。なお、今回説明する方法は、iOS 8.1.2と8.1.3でのみ確認できている現象なので、あしからず。

 スクリーンショットの撮影音を無音にするには、まず端末をマナー(サイレント)モードに設定する。カメラアプリをバックグラウンドで起動させつつ、スクリーンショットを撮りたい画面を表示。ちなみに、撮影するのはどんなアプリでも問題なし。ここまできたら一度ホーム画面に戻ろう。

 続いてミュージックアプリを立ち上げ、音量を最小、つまりゼロにして音楽を再生させる。これで前準備はOK! いよいよカメラアプリを立ち上げよう。ホームボタンを2回タップし、マルチタスク画面へと移動。撮影したい画面を出し電源ボタン&ホームボタンを押して撮影すれば、念願の無音での撮影ができるのだ。

 少し複雑なようにも見えるけど、慣れればどうってことないはず。ちなみに、撮影音が無音になるのは手順を行ってから1回だけ。連続してスクリーンショットを撮ると、2回目には音が鳴ってしまうから気を付けたい。ただし、一度無音化の手続きをしておけば、続けて撮影する場合はミュージックアプリにいったん戻り、そこから撮影したいものを表示させれば、連続しての無音撮影は可能に。

 特定のアプリなどを使わず、持っているiPhoneだけで音を消せるのは本当に助かる。対応したOSの人は、スクリーンショットを周囲の人に振り向かれることなく撮ることができるこの方法を、是非とも試してみてほしい。気兼ねのなさに心の底から感謝したくなるに違いない。

※記事は2015年2月現在の情報を基に作成。

新着記事