本文へジャンプします。

ガジェット
ipadがある生活を始めてみませんか? 「借りる」という選択肢で安くて気軽にスタート
 ケータイがスマホに変わったように、今ではノートPCの代わりにタブレットPCを使っている人も多く見かけるようになってきた。ノートPC派からすると、タブレットPCじゃ用途を満たさないなんて人もいるけど、いやはや今では使い方次第では十分に代役が務まるほど。なにより軽くてコンパクトなのがうれしい。

 そうはいってもいいことばかりじゃない。そもそもタブレットを導入するための初期コストを考えると、いまだ導入に踏み切れていない人も多いのでは? 運ぶ荷物を軽くしたいと考えている自分もその一人。しかも残念なことにApple製品は値引きされるということがまずもってない。さてどうしたものか……。

 そんなことを考えていた時に見つけたのが「@nifty レンタルサービス」。調べてみると、特定のネット回線契約をするとタブレットPCが格安で借りられるという、いわゆる「ネット回線契約とのセット」プランらしい。なるほど。タブレット導入、それすなわち購入と考えていて自分には、端末を借りるという選択肢があるとは思ってもみなかった。

 ひとまず借りるということを念頭に置いて、それでも気になるのはランニングコストで、どれぐらい安いのだろうか? と思ったら、これがビックリ! 「iPad mini Wi-Fiモデル16GB」なら月額レンタル料金が1円(税抜)ですんでしまうのだ。しかも利用開始月はレンタル費用がかからない(初期登録費用2,000円は発生)ので、最低利用期間の24カ月で24円しかレンタル代はかからない。これが「iPad Air2 Wi-Fiモデル16GB」でも月額レンタル料金は980円(税抜)と、かなりお得な設定になっている。

 ただ、これはipad miniのレンタル料なので、月々のコストはレンタル料にネット回線の料金を加算したものになる。対象となる「@nifty光ライフ with フレッツ」の中で最安となるマンションタイプのネット回線と組み合わせた場合、iPad miniなら月々3,051円(税抜)と、思っている以上にリーズナブルな価格で使うことができてしまう。これはありがたい限りだ。

 でも借りるよりも端末は所有したいという人もいるはず。タブレットは2年の契約期間が終わったら、継続してレンタルできるほか、買取も可能に。なのでどうしても手元に置いておきたいというほど気に入ったら、一定の代金を払えば晴れて自分のものになる。

 @nifty レンタルサービスのメリットは高額な初期コストがほぼ必要なく安く使えるということだけでなく、保証内容のグレードアップや期間を延長しての提供など充実したメーカー保証があるのも見逃せない。これなら長期間の利用も安心というものだ。安くて安心して使えるという選択肢がある今、タブレット導入を高額な初期コストで悩んでいるような人は、レンタルという選択肢を考えてみては? 新製品のサイクルの速さも考えると、レンタルという選択肢はデジタルライフにとってスマートな方法のひとつかもしれない。

※記事は2015年2月現在の情報を基に作成。

新着記事