本文へジャンプします。

パソコン・ソフトウェア
Microsoftが「新世代のWindows」と呼ぶWindows10こそ、正常進化版のWindows!?
 2015年1月23日、Microsoftが最新OS“Windows10”の最新ベータ版「Windows10 Technical Preview」(略称:Windows10 TP)を公開したことは、ネットニュースなどで目にされたかもしれない。初の日本語ベータ版が提供されたことで、国内メディアに取り上げられる機会も増えてきたWindows10。果たしてその実力とは!?

 筆者を始め多くの方にとって気になるのは、やはりWindows8で“消えた”スタートメニューの存在。「スタートメニューがないからWindows8はイヤ!」と、Windows7を使い続けている方も多いのでは? そうしたユーザーに朗報なのが、スタートメニューの復活だろう。従来のWindows(Windows7まで)と同じく左下のスタートボタンをクリックすると、タイル表示を並列させたスタートメニューが立ち上がる。言わば、Windows7とWindows8のスタート画面を合体させたようなスタイルだ。これなら、どちらのOSから移行しても違和感が少ないに違いない。コントロールパネルも、従来的な要素を色濃く残す。

 また、Windows8では全画面表示だったアプリは、最大化こそされるものの、メニューバーが見えている状態でキープされる。従来通りにメニュー表示から選択したいユーザーや、ショートカットキー派などからのブーイングを、うまく吸収発展させたようなスタイルにも感じられる。業務ユースにおける実用性も、大きく見直された印象だ。MS-DOS時代からMicrosoft OSと付き合ってきた筆者からすれば、こうした“保守的な進化”こそ、本来のクレバーさを取り戻した正常進化とも思えるのだが……?

 一方で劇的な変化を見せそうなのが、今回のビルドにおける最大の注目点でもある「Continuum(コンティニューム)」機能の実装。Continuumとは、デスクトップ用とタブレット用の操作画面をシームレスに切り替えるシステム。つまり、ユーザーが操作しているのはマウスか、キーボードか、あるいは指なのかを瞬時に判断し、インターフェイスを自動調整する仕組みだ。こちらはベータ版だけに発展途上の感も否めないが、今回は搭載が見送られた新Webブラウザ「Spartan」とともに、Windows10の核心となることは間違いないだろう。

 「Windows8? 知らない子ですね」とスルーしていたユーザーも、次は無視できない。そうした予感を抱かせるWindows10の動向には、皆さんもアンテナを張っておいたほうがベターだろう。

※記事は2015年2月現在の情報を基に作成。

新着記事