本文へジャンプします。

パソコン・ソフトウェア
データのバックアップ、その方法で大丈夫? HDDにクラウド、DVDにUSBなど有効性を考えてみる
 PCやスマートフォンに詰まっているたくさんのデータ。いざという時のバックアップは大丈夫? 最近では外付けHDDやクラウドの利用がメインだと思うけど、本当にこれだけでいいのだろうか?

 外付けHDDは大量のデータを保存できるし、自分で管理もできるため、機密ファイルなどのバックアップにも適しているように思われがちだが、実は長期の保存には向いていない。というのも、たとえばコピー中に停電が起きたり、PCがダウンするなどのトラブルが起こるとデータの読み書きができなくなってしまう場合もあるからだ。

 それならクラウドはというと、HDDよりもタフなバックアップ環境だと考えているかもしれないが、実はこれまでにも情報流出騒ぎが起きていたり、サーバ側が攻撃を受け全顧客がデータを失うといった事件も。もちろんそんなことはめったに起きないケースだし、「NIFTY Cloud」はじめ信頼と実績があり、安心で簡単といったサービスもある。HDDよりは長期保存向きだけど、よほど心配性な人は重要度の高いファイルなどの保存は避けたほうがよさそう。

 では、DVDやBlu-rayなどの外部記憶メディアに焼き込む方法なら安心! と思った人もいるだろうけど、残念ながらメディアの寿命という弱点がある。つまり、経年変化により記録層が腐食したりする可能性があるのだ。そうはいっても完璧ではないにしろ、保存に最適な環境で上手に管理すれば寿命を延ばすことも。手元に置いておけばハッカーに狙われる可能性もないので、機密ファイルを保存するにはなかなかいい手段といえる。

 次にUSBメモリーだが、こちらは一時的な保存手段と割り切るべき。HDDと同じく物理的なトラブルには意外と弱く、また紛失の危険度で考えると間違いなくトップ賞だ。できれば機密ファイルの長期保存は避け、早急にほかのメディアにバックアップを取ろう。

 以上のことを総合的に考え、扱うデータに合ったバックアップ方法を選んでみてほしい。大事なデータには、クラウド+DVD-R、HDD+BD-Rといった具合に、複数メディアに保存してもいいだろう。ただし、ファイル数が増えれば増えるほど管理が大切になるので、データ整理はマメに。

新着記事