本文へジャンプします。

パソコン・ソフトウェア
Windows7の「メインストリームサポート」が終了。Windows XPのサポート終了騒動とは、何が違う?
 現在、日本国内でもっとも広く利用されているWindows OSは、Windows7だろう。が、そのWindows7の「メインストリームサポート」が2015年1月13日で終了していることは、意外に知られていない。その後の期間は「延長サポート」となっており、それも2020年1月14日には終了する。

 2014年に世間を賑わせた「WindowsXPの延長サポート終了」問題から、社内システムの再構築などに振り回された方も多いことだろう。では、Microsoftが提供するOSの「メインストリームサポート」と「延長サポート」とは何なのか、両者はどう違うのか。この機会に、改めて知っておいても損はない?

 単刀直入に言えば、Microsoftが定める“Windowsの寿命”は10年間ということだ。このうち最初の5年間が「メインストリームサポート」期間で、新機能や機能更新など、“最新OS”として第一線での利用が保証される。「延長サポート」は残る5年間。こちらは新機能こそ提供されないが、バグやセキュリティ上の脆弱性といった“安全面”は確保されると考えればいい。実際には2年間の「Service Packサポート」期間も絡むため複雑だが、要は「登場から10年間」であることに変わりはない。WindowsXP問題は、こうした安全性の保持が難しくなり危険だという理由から一気に社会問題化したわけだ。

 ちなみに、Windowsの根幹を形成する要素はInternet ExplorerとDirectX。逆に言えば、脆弱性のツボでもあるのだが……。

 2015年2月現在、この両カテゴリーに目立った最新動向は見られない。つまり、延長サポートで非対応となる“新機能”に大きな進展はなく、「当面はWindows7を使い続けても問題ない」とも言えそう。もっとも2015年後半には最新OS・Windows10の登場が予定されている。つまり、「5年間の猶予があるうちに最新OSへ移行して下さい」とも宣言されている!?

 Net Market Share調べによる2015年1月のデスクトップOS世界シェアでは、Windows7が全OS(Mac OSを含む)の約56%を占める。Windows7の延長サポート終了が間近に迫る2019年に、再び大騒ぎが勃発する可能性も否定はできない。「転ばぬ先の杖」を教訓とし、それより数年早い2017年4月には、WindowsVistaの延長サポートが終了することも覚えておきたい。

※参考リンク Net Market Share

新着記事