本文へジャンプします。

パソコン・ソフトウェア
他人に差をつけるWordPressでのWEBサイト構築! そのカギを握る便利プラグインはこれだ! 【第1回:セキュリティ&スパム対策編】
 今やブログだけでなくミニマムベースの商用利用でも大きく存在価値を発揮しつつある、オープンソースのブログ&CMSプラットフォーム「WordPress」。最近では「本当にWordPressベース!?」と思うほどグッドデザインなサイトも少なくなく、無料で使える素材もあちらこちらで見かけられるなどろ製作の自由度も高く、WEBコンテンツ製作のセンスを磨くツールだとも言えそうだ。

 そうしたWordPressの基本については以前、「世界的なブログソフトの定番『WordPress』はフツーのブログサービスと違うの? WEBサイト構築の基本をWordPressで学ぼう!」にて取り上げた。今回はその応用編として、WordPress最大の魅力でもあるプラグイン(拡張機能)を紹介していこう。さまざまな機能を持つプラグインは、いわばWordPressの肝。どのようなプラグインを利用しているかで、そのユーザーのセンスまで計り知れてしまう!?

 基本となるのは、やはりセキュリティ及び迷惑スパム対策関連だろう。たとえば、筆者の場合、「SiteGuard WP Plugin」と「Limit Login Attempts」は必須だ。前者は管理ページとログインへの攻撃防御に特化したセキュリティプラグインで、インストール後のログイン画面ではIDとパスワードに加え、平仮名でのCaptcha(画像認証)が設定される。ランダム表示の平仮名を入力しなければログインできないため、特に(全角の平仮名を用いない)海外からのアタックには有効だ。後者は、ログイン試行回数を制限するプラグイン。ログイン認証に複数回失敗すると、ログイン画面を一定時間、ロックしてくれる。WordPressへのサイバー攻撃は乗っ取りや書き換えといった不正ログインが主なので、その対策だけは十分にしておきたい。

 一方、スパム対策には定番プラグインの「Akismet」(スパムコメントを自動排除)、「SI CAPTCHA Anti-Spam」(コメント時の画像認証)、「spam-byebye」を併用している。画像認証に関しては多くのプラグインがリリースされているので、お好みで使い分ければいいだろう。3つめの「spam-byebye」は日本独自のプラグインで、“平仮名を含まない”“全角の日本語を含まない”など、外国語圏からのスパムを自動排除してくれる便利ツール(更新が滞っているようなので、これに変わるプラグインを調査中)。

 海外での爆発的な人気が日本に輸入された格好のWordPressだが、日本で開発された日本語特化プラグインも増えつつある。こうしたプラグイン探しもまた、WordPress利用の面白さに違いない。次回からは“何かと便利な”面白プラグインなども紹介していく予定なので、お楽しみに。

新着記事