本文へジャンプします。

ビジネス・経済
スマホを活用して転職もアルバイト探しも時短で楽々! 就活も手間を減らして効率よさを求める時代に!?
 時代は進んだもので、スマホで入手できるのは本や雑誌、音楽、ビデオといったエンタメ関連のアイテムだけではなく、仕事やバイトもスマホで手に入る時代になってきている。

 転職やバイト探しといえば、以前は本屋やコンビニで売っている雑誌を買って来て、赤ペンで丸をつけ電話連絡するというのが普通だった。しかし、今はスマホがあれば、もはや本屋やコンビニに行く手間さえもかからない。スマホひとつで、自宅やファミレスでくつろぎながらでも、電車で移動中の時にでも簡単に探すことができてしまう。

 ざっと名前を挙げていくだけでも、「転職情報 仕事情報一括検索@nifty 求人」、「アルバイト、パート一括@nifty」、「リクナビNEXT」「はたらこねっと」「タウンワーク」など、数多くの無料アプリが存在する。使い方はアプリによっても違うが、条件を設定して検索し、コレというものがあれば番号をタップするだけ、という簡単なものがほとんど。よりカジュアルに扱えるのが魅力だ。そういった意味では、最近の学生が就職活動にスマホを利用しているというのもうなずける。

 いわゆる職探しに関してスマホを使うメリットは、なにも空いた時間に企業情報を見たり、気になるものへのエントリーしたり……といったことだけではない。たとえば、いざ面接となった時に地図や電車の乗り換えをそのままスマホのアプリで確認できたり、面接に向かう道中で企業のサイトを見て予・復習したりといったことも可能。同じようなことはノートPCでもできるものの、スマホのほうがバツグンに手軽だ。

 あとは「ネットプリント」サービスも便利。会社訪問するのに履歴書を忘れた!そんな場合でも、スマホからファイルを呼び出してネットプリントサービスにアップすれば、出先のコンビニからでも印刷できる。「Dropbox」や「Evernote」といったオンラインストレージを組み合わせて使えば書類の忘れ物は怖くない!

 スマホの職探しでひとつ不安なのが、いわゆる“ブラック企業”の存在。簡単に応募できて便利だからとはいえ、ブラック企業に応募してしまうのは避けたいところ。 よく転職サイトに掲載されている企業は業容拡大のために常に人を採っている優良企業かもしれない。あるいは人がなかなか定着しない、離職率の高い企業かもしれない。 給与額が標準よりも高いのは人材を手厚くもてなす良い会社かもしれない。あるいは過剰な結果を短期で求められるキツイ環境なのかもしれない…

 手軽に情報が取れるようになったものの、その情報をどう判断するかは自分自身だ。就職や転職は人生の一大事。自分なりの価値や判断基準をしっかり持って、情報に振りまわされないようにしたいものだ。

新着記事