本文へジャンプします。

通信
東京メトロと都営地下鉄なら無料でWi-Fi利用可能! はたしてその使用感は?
 昨年12月1日から、東京メトロと都営地下鉄で無料Wi-Fiサービスの提供がスタートしたのはご存じだろうか。このサービスは東京の地下鉄駅143駅で利用でき、東京オリンピックを見据えての訪日外国人向けの利用を想定しているそうだが、もちろん我々も利用は可能だ。

 東京の話題なので、ほかの道府県の方には申し訳ないが、東京に旅行しに来た時に使ってみようか……といった想定をするなどして、お付き合いいただければありがたい。

 まずは概要について。電波の名称は東京メトロが「Metro_Free_Wi-Fi」で、都営地下鉄が「Toei_Subway_Free_Wi-Fi」。利用時間は1回あたり3時間までだが、回数制限はなし。つまり、利用できる環境にさえいれば、使い方次第では長時間の利用も可能となる。利用するにはWi-Fi認証アプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」をインストールする必要があり、スマートフォン・タブレットでの利用が原則となる。

 では、実際にはどのような使うのか。アプリをインストールし利用可能な駅へとレッツゴー! 専用アプリだけあり、接続方法はじめ説明かきちんとアプリ内に記載されているので、初めての利用でも戸惑うことはないはず。ちなみに、アプリを入れていなくてもブラウザ経由でのネット接続はできるが、ブラウザ経由する場合は、接続ごとにメールアドレスの入力が必要。手間を省くには専用アプリのインストールが便利だ。

 都営線とメトロの駅を行き来しつつ接続状況を確認してみると、試してみた時点では、行き来を行うたびにアプリを立ち上げ接続を切り替えなければいけなかった。自動で切り替わるのが理想ではあるが、無料でできるものに対して、それは望みすぎなのかも。電車に乗車している間は、電車が走り出すと接続が切れてしまうこともしばしば。確実に利用するには駅やホームにいる間がオススメ。そうはいっても駅構内には長時間いないし、やっぱり移動中など外出先で確実にネット環境が必要という人は、「@nifty WiMAX」をはじめとしたサービスを利用し、モバイルルーターを持ち歩くのがいいかもしれない

※参考 東京都交通局「12月1日(月)より東京の地下鉄143駅で訪日外国人向け無料Wi‐Fiサービスを開始!

※記事は2015年1月現在の情報を基に作成。

関連サービス @nifty WiMAX

新着記事