本文へジャンプします。

通信
眠っているPS3やXboxを有効活用し、家庭内DLNA環境を構築してみよう。【応用編】
 前回の【入門編】では、「家庭で眠っているゲーム機のPS3やXboxとブルーレイディスク(BD)レコーダーを接続し、家庭内LANでDLNA環境を構築してみよう!」をテーマに、DLNAの基本について解説した。なので今回からは【応用編】として、「ゲーム機とPCをLANで繋ぎ、PC内の動画ファイルをテレビで再生してみよう」に挑戦していく。

 なお、PS3で再生できるマルチメディア・フォーマットは以下の通り。

*映像:MPEG-1、MPEG-2(PS/TS)、MP4(H.264/MPEG-4 AVC)、AVI(Motion JPEG:Linear PCM/μ-Law)、AVCHD(.m2ts)、DivX、WMV
*音声:ATRAC(.oma .mas .aa3)、AAC(.3gp .mp4)、MP3(.mp3)、WAVE(.wav)、WMA(.wma)
*画像:JPEG、GIF、PNG、TIFF、BMP

 PS3が単なるゲーム機ではなく、数多くのマルチメディアファイルを再生可能なメディアプレイヤーだということがお分かりいただけるだろうか。XboxやXbox360も同様で、ニューモデルのXbox Oneは最新の動画圧縮フォーマット「mkv」にも対応している。同等の機能を持つ専用プレイヤーが1万円前後することを考えれば、PS3やXboxをゲームにしか使わないなど、もったいなさすぎる!

 皆さんのPCにも、上記のファイルが数多く保存されているに違いない。DLNA環境を利用すれば、そうしたマルチメディアデータをリビングのテレビ画面で再生できるわけだ。PCのHDDならデータ管理や整理も容易く、「これはPC視聴用、これはテレビ視聴用」など、HDDとDVDやBD、SDカードなどにデータを分類する手間もかからない。PC側の初期設定は必要だが、一度やってしまえば病みつきになること確実!?

 一般的にPS3を利用している家であれば、PS3とテレビはHDMIなどで接続され、LANでルーター(HUB)にも繋がっているはず。PCもLAN接続されているはずなので、ハードウェア的に新たな接続は不要だ。もしもPS3がネットに繋がらないスタンドアローン環境なら、ルーター(HUB)とLAN接続しておこう。HUBをお持ちでない場合はスイッチングハブ(できればGigaビット対応)を用意しなければならないが、手軽な5ポートのモデルなら、実売価格は3,000円程度。この先、DLNAや家庭内LAN環境は“あって当たり前”のような時代を迎えるはずなので、初期投資のつもりで購入しても無駄にはならないだろう。前回で取り上げたBDプレイヤーなども、HUBを介してLAN接続しておく。

 以上で、ハードウェア的な接続は完了。次回は【応用編2】として、PC(Windows)側の設定を解説する予定だ。

※記事は2014年12月現在の情報を基に作成。

新着記事