本文へジャンプします。

ビジネス・経済
列車のきっぷを便利&お得なネット予約サービスで賢く買ってみよう。【私鉄編】
 前回はJR各社のネット予約サービスを紹介したが、有料の特急列車を運行している西武、東武、京成、近鉄、南海など首都圏・関西の大手私鉄各社も、PC・スマホ・携帯電話からネットで特急券を予約することが可能だ。

 ただし、私鉄各社の場合はJRと違い、ネットで予約しても料金が割引されることはない。また、西武鉄道のようにネットで予約した特急券を駅窓口や券売機で購入する際、支払い方法に現金と交通系ICカードしか選べないケースもあるので注意したい。クレジットカード利用の可・不可は私鉄各社によって対応が異なるので、あらかじめ確認しておこう。

 一方、JRより充実しているのが、スマホや携帯を使ったチケットレスサービスだ。沿線住民が特急を通勤など日常の足に利用する機会も多いためか、利便性向上に的を絞ったサービスが展開されているのだと考えられる。各社とも事前登録は必要だが、こちらは全てクレジットカード利用なので、購入時に手間もかからない。窓口や券売機に出向くことなく、スマホや携帯をチケット代わりにタッチ(表示)すればOKなので簡単だ。前述した西武の場合、指定された座席に座っていれば、車内での検札もない。JRの「グリーン車Suicaシステム」と同様に、乗車後の車内では静かに落ち着いた時間を過ごせるわけだ。

 座席の指定に関しては、京成、近鉄、南海が全席、東武は窓側・通路側の指定のみ、西武は号車指定のみと、各社によってシステムが異なる。こうした違いは、観光客や空港アクセス利用が多い京成・近鉄・南海に対し、通勤などの一般利用も多い東武・西武という特色が反映されているのかもしれない。

 利便性以外の賢い利用法としては、各社のチケットレスサービスに付随するポイントシステムも見逃せない。チケットレスサービスで購入するとポイントが加算され、貯まったポイントを特急券などに交換できる。例えば、南海の場合、購入額の10%分がポイントとして付与される。難波-関西空港間の特急ラピートは特急料金が大人510円なので、10回乗車すれば1回分が無料となるわけだ。(東武や西武は、自社系クレジットカードで支払った場合のみポイントが付与される。)

 私鉄各社では期間限定の割引乗車券なども数多く発売されているため、お得キップとネット予約&チケットレスサービスを組み合わせれば、あなたも賢い旅の達人になれること間違いなし! 私鉄特急を利用する際は、各社のホームページなどで情報チェックをお忘れなく!

※記事は2014年12月現在の情報を基に作成。

新着記事