本文へジャンプします。

スマホ・携帯
iPhone振ってますか? 振って使える便利技
 iPhoneには動きや速度を測るセンサーが備わっていて、それを利用したものがiPhoneを振って反応する「シェイク機能」だ。そのシェイク機能を使った便利な使い方をいくつか紹介しよう。

 メールやメッセージを作成して送信する前、誤って文章を消してしまった……なんて失敗は誰でも一度くらいはあるだろう。仕方がないと諦め、最初から書き直していたりしてはいないだろうか。そんな嫌な思いを味わったことがある人は、ぜひこの技を覚えてみてほしい。

 まずは文章を消してしまうなど失敗した時に、何も考えずにiPhoneを振ってみよう。すると「取り消す」という表示が出るので、そのまま「取り消す」を押す。実はたったこれだけの操作を行うだけで、せっかく書いた文章を消してしまったことが取り消され、消してしまう前の状態に戻るのだ。これは、パソコンでいう「Undo機能」と同じで、文章を書いている途中でも使える。書いた文字を消したい時に振れば書く前の状態に戻せるし、やっぱりさっき書いた文字を活かしたいと思い直した場合でも、もう一回振るだけで「やり直す」と表示され、タップすれば文字が復活するという便利な機能だ。

 振って消されるのは文章を書いた時だけではない。受信したメールを誤って消してしまった時も、迷わずiPhoneをシェイク! ゴミ箱行きが取り消され、見事にメールが復活する。さらにiTunesの設定にも似たような機能があり、「シェイクでシャッフル」をオンにしておけば、iTunesを聴いている途中で曲に飽きてしまったら、振るとシャッフル再生になるという使い方も。

 アプリによってはシェイク機能を利用したものも数多くあり、友人と一緒にフリフリすれば、LINEなどで友だちに追加できるアプリや、テレビ番組と連動して番組放送中にあるタイミングで振るとiPhoneに何かが起こるものなど、いろいろある。iPhoneは振ってナンボ。どんどん振って使いこなそう!

新着記事