本文へジャンプします。

スマホ・携帯
手書き入力もOK! iPhone文字入力の便利技
 iPhoneで難しい漢字を入力する時、使いたい漢字の読み方が分からなかったり、読み方が分かっても候補にその漢字が出てこない場合など、さてどうしよう?

 そんな時に便利なのが手書き入力。Androidでは手書き文字入力がデフォルトで備わっているが、iPhoneにはないのだろうかと思っている方、実はiPhoneでも手書き入力ができるのだ。

 手書き入力の設定方法は、「設定」の中の「一般」から「キーボード」を選び、「新しいキーボードを追加」をタップ。表示される候補中に、「中国語-簡体字 手書き」というのがあるので、それを選択すればOK。文字入力画面のキーボードの左下に出る地球儀マークをタップすると、ローマ字入力や絵文字入力といった入力方法を変えられるが、これで新たに手書き入力が加わった。あとは入力スペースの中に、指でなぞって書けばその文字が表示されるというわけ。

 便利な入力方法としては、旧かな文字を入力したい場合、ひらがなで「きゅうかな」と入力すると、旧かな文字の一覧が表示される。同じように「まるすうじ」と入力すると、1から50までの丸囲みされた数字の一覧を表示。こうした小技は他にもあるので、いろいろ試してみてほしい。

 ここでひとつ、便利な入力時のテクニックを紹介。たとえば、「母(はは)は」など同じ文字う続けて入力する時、打ち込んだ文字が確定するのを待てなくて「はひふ」となっちゃったりして、その都度、左の矢印を押さなければいけないなど不便さを感じている人は多いだろう。そんな時にはキーボードのかなオプションで、「フリックのみ」をオンにすることをオススメする。こうすることで同じ文字を連続入力することができるようになり、入力時間も短縮することが可能となる。

 こうしたコツやテクニックで、メールやメッセージ、ちょっとした文章の入力もスラスラ。もっと便利に使いこなそう!

新着記事