本文へジャンプします。

WEB・インターネット
デジカメやスマホの撮影画像を公開する前に注意! Exifデータから個人情報が漏洩しかねない!?
 デジカメやスマホで撮影した写真を、ブログやSNSに投稿・掲載している方は多いはず。が、その際「Exif情報」に気を使わないケースも少なくないという。皆さんは、Exifデータから大切な個人情報が漏洩する危険性をご存知だろうか。

 そもそもExifとは「Exchangeable image file format」の略称で、IT業界団体の「日本電子工業振興協会」(JEIDA)によって策定されたデータ規格のこと。撮影場所、サムネイルデータ、撮影時間、撮影機材、露出やシャッター速度などの撮影データを記録し、写真画像とともに保存しておく仕組みだ。写真撮影へのこだわりが強いほどありがたいシステムで、撮影時に自動保存されるためデータ記録を意識する必要がないこともうれしい。

 ところが、この親切さは時に厄介な代物と化す。例えば、GPS対応カメラが記録する位置情報。撮影場所の緯度・経度がExifデータとして残るため、そのまま「自宅で撮りました」などと公開しようものなら、自宅の場所が簡単に特定されてしまう。また、著作権情報を指定できるカメラの場合も要注意。何も考えず本名を設定していた場合、Exif情報の「作成者」と「著作権」にも、同じ本名が表示されたまま公開されることをお忘れなく。写真の一部にモザイクをかけて公開したにも関わらず、サムネイルデータ情報から修正前の画像が流出してしまったケースもあるという。

 Exifがとても便利な機能である反面、危険な側面も持つことをおわかりいただけただろうか。気になる方は、撮影画像のExif情報を確認してみよう。Windowsの場合は画像を右クリックし、プロパティから「詳細」タブを開けばチェックできる。Macでは画像をプレビューで開き、「ツール」から「インスペクタを表示」でExif項目が現れる。

 もちろん、Exif情報が付加されているからといって、必要以上に不安がることはない。各種の専用ソフトを使えば、全削除から一部削除まで簡単に修正可能だ。PCで画像を加工する場合は、ソフトによってExif情報の取扱が異なる点にも注意しよう。Photoshopのように「原則として保存時に削除」するものもあれば、Paint.netなど「Exif情報には触れない」ソフトもある。お使いの画像加工ソフトがExif情報をどう扱っているか、念のため確認しておきたい。

 ちなみに、iPhoneやAndroidでは、設定で位置情報(ジオタグ/Geto-tagとも呼ばれる)記録をOFFにできる。GPS対応カメラもGPS機能を切っておけばOK。でも、これでは多くの便利な機能が使えず、もったいない。ケースバイケースで正しくExifと付き合い、一手間を惜しまないことが大切だろう。「公開前にExif情報チェック」という習慣さえ身につければ、怖がることは何もないのだから。

新着記事