本文へジャンプします。

スマホ・携帯
増え続けるMVNOサービスに注目!
 「総務省がSIMロック解除を義務化へ。ビジネスや生活はどう変わる?」という記事でも少し触れたが、現在MVNOのサービスが多様化するなど、ますます注目を集めている。そこでMVNOの最新トレンドや選び方などをチェックしていきたい。

 ここでおさらい。MVNOとは、「Mobile Virtual Network Operator」(仮想移動体通信事業者)の略で、自社では回線を持たず、キャリアから回線を割安で借り受け自社ブランドでサービスを提供している事業者のことを指す。
MVNOサービス利用のメリットとしては、魅力的な料金プランや多彩なサービスの選択などが挙げられる。たとえば、データ通信1GBの相場がおよそ900円(税抜)程度の安値のプランから、月7GBで3,000円(税抜)前後といったもの、さらにはMVNOでは一般的ではなかった音声通話への対応というのも増えつつある。

 そうした中、NIFTYが音声通話に対応したモバイル通信サービスに参入すると発表。名称は「NifMo」(ニフモ)で2014年11月26日からスタートした。これまでもデータ通信のサービスはniftyが、本格的に格安スマホを手がけるということで、否が応でも期待が高まる。では、気になる中身を見ていこう。

 まずは料金に関してだが、これは新たにスマホを購入する場合と自前の端末を利用する場合などでも変わるのだが、基本料金となるのは「データ通信プラン料+契約タイプ料」。これにスマホを購入した場合に発生する分割支払額や、音声通話料、SMS送信料、オプションサービスなど、各自が選択したものの料金が発生することになる。

 データ通信プランとしては、2GBプラン・月額900円(税抜)、4GBプラン・月額2,500円(税抜)、7GBプラン・月額3,500円(税抜)の3種があり、契約タイプとして音声通話対応・月額+700円(税抜)、SMS対応・月額+250円(税抜)、データ通信のみ0円と使いたい機能だけを選べる。

 さらに注目なのが、NifMoが推奨するアプリをダウンロードするだけで、携帯料金がどんどん安くなるというお得な「NifMo バリュープログラム」(Android用アプリ)。ダウンロードしたアプリに値付けされた金額や携帯ショップの買い物金額などに応じて割引還元されていくというのだからうれしい限りだ。

 ほかにもキャンペーンはじめ見逃せない情報がズラリ。今回紹介したのはほんのさわり部分なので、詳細は公式サイトを確認していただきたい。今後も多彩な利用方法が選べるNifMoについて、随時取り上げていきたいと思う。

※記事内にある価格やサービス仕様などは2014年11月時点のもの。

新着記事