本文へジャンプします。

スマホ・携帯
データローミングって何? 海外に出かける前は設定しておこう
 皆さんは「データローミング」という言葉を聞いたことがあるだろうか。海外へと出かけた際に写真が撮りたくなり、スマホを取り出したら電源が入れっぱなしで、しかも電波が入っている。これ幸いと使うと、帰国後に想像を絶する通信費が……そんな経験はないだろうか?

◆データローミングは現地の携帯会社の電波受信を可能にする

 海外ではスマホやタブレットの使い方を間違えると、使用料がとんでもないことになってしまう。そんな悔やんでも悔やみきれないことになる前に、データローミングについて知っておきたい。

 データローミングとは、簡単にいってしまえば「普段スマホやタブレットなどで使っている電波(docomo、au、ソフトバンクなど)が届かない場所へ行ったとき、各キャリアが提携している現地の携帯会社の電波受信を可能にして通信できるようにする機能」のこと。

 基本的には契約しているキャリアの電波しか拾わない仕組みなのだが、データローミングを使えば海外でもスマホなどを使って通信の利用が可能となり、渡航先でもネット接続などができたりするのだ。

 この機能は特別なプランなどを契約せずとも端末の設定でオン・オフを切り替えるだけで誰でも利用でき、新たに端末を契約したりレンタルするなどの必要がなく、かなり便利。ところが、いざ使った場合や知らずに機能をオンにしたまま海外にいってしまうと、パケット定額制が適用されなかったり、通話料が普段よりも高額になってしまう原因となるから注意が必要となる。

 ちなみに、国内で データローミングをオンにしていても料金が発生することはないのでご安心を。

◆海外でのデータ通信はSIMフリースマホ&プリペイドSIMの組み合わせがオススメ

 海外でもスマホやタブレットを心置きなく使うための方法としては、以下のようなものが考えられる。

・各キャリアが用意している海外用のパケット定額プランの利用
・海外でも使えるモバイルルーターの利用
・SIMフリースマホで現地のSIMに差し替えて利用


 各キャリアのユーザーであれば、海外パケット定額を利用するのが第1の選択肢となるが、もう少し利用料金を抑えてリーズナブルに使いたいという人には、SIMフリースマホを活用する方法をオススメしたい。

 NifMoなどの格安スマホ事業者が扱うSIMフリースマホは、国内だけでなく海外でも使えるものがあり、「国際ローミング対応の国内SIMカード」、または「現地で購入できるプリペイド式のSIMカード」を端末に挿すことで利用可能となる。

 国内事業者による国際ローミングに対応したSIMは、キャリアだけでなくMVNOでも提供しているところがあるが、なかには海外では音声通話やSMSしか使えないケースも。データ通信まで完備したものと考えると、現地で購入できるプリペイド式のSIMカードであれば、プリペイドSIMを本体に挿すだけで海外でも同じように使えるのは、大きなメリットといえる。

 ただし、事業ごとに周波数帯(Band)が異なっているので、対応していないものだと圏外になったり、混雑時に遅くなったりする場合ある。が、SIMフリー端末の中には海外Bandに対応しているものもあるという利点も。事前に確認してみるのもいいかもしれない。

◆ デュアルSIM対応端末は差し替え入らず。また、iPhoneにもSIMフリー端末登場!

 現地でプリペイドタイプのSIMをSIMフリースマホに挿して使う場合、訪れる国ごとに買い換えたり、そのたびに差し替えるのが面倒という人もいるかもしれない。

 そこで、最近では、欧州EU各国共通でデータ通信が定額利用できるローミング専用のプリペイドSIMや、世界180カ国で使用できるグルーバルプリペイドSIMカード、さらに2枚のSIMカードを入れておける「デュアルSIM対応」の機種も登場。これならSIMカードの買い換えや差し替えといった手間もかからずに使えて便利だ。

 またSIMの差し替えによる海外での利用はSIMフリーのiPhoneであれば同様に行え、現地で購入したプリペイドSIMを挿せば、現地の通信料が適用されて利用することが可能。こういったプリペイドタイプのSIMカードは、国によっては空港に販売機が設置されているところもある。

 なお、海外でプリペイドSIMを買うのが大変そう……というのであれば、渡航する先に応じた海外用のSIMカードを日本国内で購入することも可能だ。

◆モバイルルーターを活用する方法もあり

 その他の方法としては、海外で使えるモバイルルーターをレンタルしておくという手段もある。モバイルルーターを借りる利点は、定額料金なので料金を気にすることなくデータ通信を行えること。

 持ち運ぶガジェットが増えてしまうことと、充電切れに対して注意を払わなければならないが、デメリットを上回り恩恵を受けられるはず。

 海外でも国内と同じようにデータ通信を行うにはさまざまな手段があるが、できる限り利用料金を節約したいということであれば、NifMoなどのSIMフリースマホを活用がオススメ。機種次第では割安な価格で購入できる端末が多く、その上、月額用料金もお財布に優しいと、海外ではSIMカードさえ現地のものに変えれば利用可能とお手軽なのもいい。海外渡航時の選択肢として考えてみては。

※記事内容は2014年11月現在の情報を基に作成。(※2016年7月追記)

新着記事