本文へジャンプします。

パソコン・ソフトウェア
iPadをお伴に旅へ出よう。ガラケー使いのタブレット初心者が、北海道3週間の放浪の旅にiPad miniを連れ出してみた【第1回】
 中~長期の旅に出る際、皆さんはネット環境や端末をどのようにお考えだろうか。事前に調べたインフォメーションや、現地に行ってみて初めてわかる面白&お得な情報の整理などは手帳に手書きしている派? そうはいっても旅先での情報収集があってこそ、その旅は数倍も楽しいものとなるはず。こうした情報収集・整理ツールこそ、旅の達人になるための第一歩だと言っても過言ではない!?

 それならスマホがあるから大丈夫なんて思っていない? 通勤通学時の混雑した電車内ならともかく、例えば広大な北海道を旅していて、さまざまな情報を小さな画面で使いこなせる? 充電環境が整わない旅先では、電話・ネット検索・情報整理からSNS用の写真撮影や管理までをスマホ1台でこなし、いざという時にバッテリー切れの不安も……。

 また旅の目的地が北海道なら、現地で小さな画面の不便さを痛感するはずだ。皆さんは、一般的な紙の地図が、本州と北海道では異なる縮尺だということをご存知だろうか。本州と同じ尺度で北海道のマップを見ると、広大すぎて現在地すらわからなくなることもしばしば。距離と所要時間の感覚も異なり、目的地に到着した頃には真っ暗だったという失敗も北海道の旅ではよくある話だ。もっと大きな画面や視野で地図を確認しておけば……などと後悔しても、もう遅い。

 そこで活躍してくれるのが、iPadに代表されるタブレット端末。もちろん、未だにフィーチャーホン使いな方であればなおさらだ。「電話はやっぱガラケー」派で、旅先での端末問題が悩みの種だった筆者も、「次の旅でこそタブレットを!」と思い続けて数年が経つ(笑)。重いノートPCを持ち運ぶ旅からはもう卒業したい!

 とはいえ、いきなり高価なタブレット端末を購入するのも……と、筆者を含めて二の足を踏んでいる方も多いだろう。そこで便利なのが、iPadのレンタルだ。初期費用が抑えられるだけでなく、長期保証などのメリットもタブレット初心者にはありがたい。@niftyが実施しているキャンペーンを活用すれば、iPad miniが月額1円(税抜)からレンタルでき、こうしたニーズにはうってつけ。レンタル期間後の買い取りも可能なので、自分なりにカスタマイズしながら、気に入れば手元に残すこともできる。ちょっと憧れなiPad生活へ、旅のツールにというきっかけが背中を後押ししてくれることは間違いない!

 ちょうどこの秋、毎年恒例の北海道ツーリングを予定していた筆者。3週間に及ぶ長期旅の新たなお伴には、めでたくiPad miniが選ばれることとなった。ガラケー使いでタブレット初心者、おまけにWindowsユーザーの筆者が、広大な北海道でiPad miniとどのような旅をしてきたのか。まずは恐る恐る電源を入れ(笑)、旅に必要なアプリを準備することから始めたのだが……。第2回に続く。

新着記事