本文へジャンプします。

ビジネス・経済
年末年始の帰省にも! 列車のきっぷを便利&お得なネット予約サービスで賢く買う【JR編】
 皆さんの年末年始の帰省プランは、列車派? 飛行機派? マイカー派? 

 帰省や旅行にJRを利用する方は多いだろうが、JR各社のネット予約サービスなら、駅の窓口で購入するより便利でお得なケースが多いことをご存知だろうか。

 例えば、JR東日本の「えきねっと」で東北・山形・秋田・上越・長野新幹線の指定席券を予約すると、「えきねっと割引」で東北・上越・長野新幹線が100~400円引き(乗車距離によって変わる)、山形新幹線が一律100円引き、秋田新幹線が一律300円引きとなる。
東京から盛岡への指定席特急券は通常期で5,810円(税込)だが、えきねっとで予約すれば400円引きの5,410円(税込)。往復なら800円、家族4人なら3,200円の差額が生じ、駅弁をいくつか買えてしまうほどお得なのだ。

 指定券を変更したり、払い戻す際の優遇も魅力だ。変更はネットから何度でも可能(「えきねっと特典」適用列車に限る)で、払い戻し手数料は乗車日当日の出発時刻6分前までなら310円(税込)ですむ。これが窓口での購入だと指定券の変更は一度まで。
二度目の変更をしたい場合は、いったん払い戻した上で買い直さなければならず、しかも払い戻しには列車出発日の2日前までなら330円、出発日の前日から出発時刻までは額面30%の手数料が必要となる。
上記の東京-盛岡間を例にとれば、30%の手数料は1,743円、往復なら3,500円近くなってしまう。前日や当日に急な予定変更で払い戻さなければならなくなった場合など、この優遇は大きい。

 いずれもJR東日本管内で完結するきっぷのみ適用だが、割引や優遇なしの予約・購入だけなら、JR他社管内の指定券も購入可能。わざわざ事前にみどりの窓口へ行かなくとも、PCやスマホ・携帯からネットで予約し、当日に受け取ればOKなのは便利だ。
多くの駅にある指定席券売機を利用すれば、混雑するみどりの窓口に並ぶ必要もない。もちろん、みどりの窓口の有人窓口で受け取ることもできる。

 東海道新幹線を利用するなら、JR東海のネット予約サービス「EXPRESS予約」(JR東海エルスプレスカードかJR西日本J-WESTカードへの入会が必要)や「プラスEX」(一般クレジットカードで利用可能)も便利&お得だ。年会費は必要だが、東京-新大阪間の指定席特急券ならEXPRESS予約で1,080円、プラスEXで510円割引となる。
えきねっとと同じく、予約変更は無料&無制限、払い戻し手数料は一律310円だ。

 JR西日本の「e5489」など、JR各社のネット予約サービスでも同様の優遇・割引を実施しているので、お住まいの地域ごとに調べてみてはいかがだろうか。飛行機のネット予約と同じく、シートマップ(空席表)から好きな座席を選ぶことも可能だ。こうした便利でお得なネット予約サービスを利用して、皆さんも賢い旅を楽しもう。

※記事内容は2014年11月現在の情報を基に作成。

新着記事