本文へジャンプします。

ビジネス・経済
会議中iPhoneに着信……ワンタッチで留守電に切り替え!
 会議中などに突然、自分のiPhoneの着信音が鳴り出し、心臓が止まるほど驚いた経験はないだろうか。あせればあせるほど、あたふたしてしまうもの。思わず「拒否」ボタンを押して着信をぶっちぎってしまったことが、誰でも何度かあるはず。そんなときに、あわてず騒がずスマートかつ瞬時に着信音を消す小ワザを紹介。

 iPhoneが着信したなら、まずはあせらずスリープボタンを押そう。1回押すだけで、バイブと着信音を一発で止めることができるのだ。2回押すと留守電に切り替わるので、あとで時間がある時にでも内容を聞いて対応すればいいだけのこと。ちなみに、ボリュームボタンを押した場合も、同じく着信音を止めることができる。

 もしも、かかってきたのが絶対に出なくてはいけない電話だった場合、スリープボタンを押してもそのまま着信はし続けているので、そ~っと会議室を出て電話に出ればいい。会議室を出るのが難しいなら、画面の「応答」ボタンの上に出る「メッセージ」をタップ。「後でかけ直します」とか「電車の中です」など、いくつかの応答メッセージが一覧で出るので、どれかを選べば相手にそのメッセージが伝えられる。

 あとでかけ直すのをついつい忘れてしまううっかりさんは、「後で通知」機能を使うのがオススメ。1時間後とかリマインダー設定ができ、設定時間が経過すると画面に「○○さんにかけ直す」と画面に表示されるので、うっかり防止になる。

 ちなみに、大事な商談相手との打ち合わせ中など、着信音を消しバイブ設定だけにしている場合でも、静かな部屋ではバイブがブーンブーンと鳴り響くのはうるさいだけでなく気まずさすら漂い、相手に気を使わせてしまうことも。防止するには、あらかじめ「設定」→「サウンド」→バイブレーション項目の「着信音なし」をオフにしておけばOK。こうしておけば着信音が鳴らない時はバイブも作動しないように設定できる。

 ほかにも「おやすみモード」の活用もオススメ。「設定」→「おやすみモード」→「着信を許可」と進み、ここで着信を許可する範囲を選択する。仕事先からの止むを得ない電話や大切な人からの電話など、「着信があったら取るべき電話番号」を設定しておけば便利。設定した番号以外の着信は履歴は残れど、通知はされない。

 一度設定してしまえば。あとは必要な時に「コントロールセンター」からモードをオンにするだけで利用が可能。電源を切ったり電波をオフにしなくても必要最低限の通知以外を遮断してくれるので、さまざまなシーンで活躍してくれるはずだ。

新着記事