本文へジャンプします。

WEB・インターネット
Twitterフォローしてないユーザーのツイートを非表示にする方法【iOS/Android】
 この夏、Twitterが採用した仕様に賛否両論の声が上がっている。これは、フォローしていないアカウントのツイートやリツイートがタイムライン(以下、TL)上に並ぶというもの。厳密にいえば、フォロワーがフォローしているアカウントのつぶやきやお気に入りに入れたツイートがTLに入り込む。

 少し前からプロモツイートが交じるようにはなっていたが、8月中旬から、Twitter側が関係あるコンテンツと振り分けたものがTL上へ唐突に入り込むようになった。しかも当初は「○○さんがお気に入りに登録」なんていう冗談のような表記がなされていたのだから、頭を抱えた人も多かったのでは?

 Twitterは無料コンテンツなので、広告についてはしかたがないと割り切ることができる。だが、見ず知らずの一般ユーザーが投下したツイートが突如TLに現れるというのは、タイミングや内容によってはうっとうしいもの。逆に、自分のつぶやきが他人様のTLに浮上する可能性もあるわけだ。フォロワー管理をきっちり行っているユーザーにとっては、想像するだけでも赤面モノだろう。

 さて、この回避法だが、一番手っ取り早いのは公式アプリを見限ること。公式以外のアプリを使えば、フォローしていない人のツイートが入り込むことはない。それでも公式アプリを使い続けたいという人は、1ツイートごと長押しして「ツイートを非表示にする」を選ぶか、ツイート主を「ミュート」してしまおう。ちなみに、Androidでミュートを選ぶ場合は、TL上からミュートしたいユーザーのツイートをタップしてメニューを開き、「ミュート」を選べばOK。余談だが、プロモツイートも同じやり方で非表示にすることができる。

 これでTLはスッキリするはずだが、自分のツイートがフォロワー以外の人の目にさらされているかどうかは定かじゃない。だが、個人情報や個人的な写真の投稿が推奨されないのは昔から変わらないことなので、知らない人のTLに居座ってしまうことになったとしても、そうしたことさえしていなければ、危険にさらされる心配はなさそうだ。近い将来、なんらかの改善策がとられるまで、発言を控えてみるのもいいかも!?

新着記事