本文へジャンプします。

ビジネス・経済
アメリカでしか売られていない物が欲しい! 敷居が高そうな個人輸入もamazonなら簡単?
 何かと敷居を高く感じがちな個人輸入。でも、やってみれば意外に簡単!? 例えば、「Amazon US(amazon.com)」を利用する場合、「Amazon JP(amazon.co.jp)」のアカウントがそのまま使えるため、住所などを英語で入力する必要もない。クリックだけで、拍子抜けするほど容易く個人輸入ができてしまうのだ。筆者がAmazon USから購入したのは、キャンプ用のクッカー(調理器具)セット。日本国内と比べ、はるかに“良いもの”が驚くほど安価に購入できてしまうのだからうれしい。やはり、アウトドア分野ではアメリカに一日の長があるということか…

 それはさておき、注意したいのは輸入(日本への輸出)不可な商品も多いということ。アウトドア・グッズの場合、銃刀法に抵触するものは当然NGで、燃料を使用する火器類も不可だ。また、マーケットプレイスには海外発送を行わない販売元も多いため、トラブル対応の手間も含め、できればAmazon US扱いの商品を選択したい。日本への海外発送が可能な商品には、「Ships from and sold by Amazon.com.」(amazonが販売・発送)、「Fulfilled by Amazon」(販売元は別だが発送はamazon)の2種類がある。

 商品をカートに入れたなら、発送方法を「Expedited Shipping」(遅いが安い)と「Priority Courier Shipping」(早いが高い)から二択。筆者の場合は前者を選択し、送料(Shipping and Handling)は12ドル弱だった。北海道や沖縄から東京への宅配便送料が1000円超なことを考えると、驚くべき安さ? 関税込みなので、ほかに手数料などは不要だ。これが世界的オークションサイト「ebay」(公認の日本語サイト:セカイモン経由)だと、アメリカ国内+アメリカ~日本+日本国内と二重三重の配送料が必要で、手数料と併せて合計金額が数倍になってしまうことも珍しくない。

 発送後の荷物はAmazon USサイト上で追跡できる。注文時には受領まで1カ月近くかかると表示されていたが、実際にはもっと早く、筆者の場合は14日間で届いた。ちなみに、前述の「Expedited Shipping」と「Priority Courier Shipping」ではアメリカ側の配送業者が異なり、安価な前者では遅延等のトラブル事例もあるらしい。送料差額は1000円程度なので、心配な方は後者を選ぼう。

 こうして個人輸入した商品が、何か特別なモノに感じられてしまうのは筆者だけだろうか。「こんなものがこの程度の価格で……」などと、買い物好きな方ならUSサイトを眺めるだけでも楽しいはず。個人輸入、恐るるに足らず。あなたも一歩、踏み出してみてはいかが?

新着記事