本文へジャンプします。

スマホ・携帯
iPhoneを紛失したらまずやることは?
 電話番号やアドレスなどの個人情報だけでなく、メールや仕事上の重要な資料、クレジットカード情報やログイン情報なども蓄えておけたりして便利な反面、iPhoneを紛失した時の焦りはかなりのもの。そんな時、あなたならどうする?

 まずは、自宅に固定電話があれば固定電話から、なければ誰かに携帯を借りるなどして自分のiPhoneに電話をかけてみよう。家など今いる場所の近くなら音でどこにあるかが分かる。もしも外出先のどこかで紛失していた場合、誰も出なくても電源が入っていることや、壊れていないことは確認できる。

 次にパソコンなどから「iCloud」にサインインし、「iPhoneを探す」をクリック。地図にiPhoneがある場所が表示されるので、表示されたポイントをクリックすると、いくつかの項目が出てくる。サウンド再生は、iPhoneのほうでアラーム音が鳴り響くので、近くの人が音に気付いて拾ってくれるかもしれない。さらに紛失モードをクリックしてあなたの連絡先やメッセージを入力すれば、紛失したiPhone側に表示されるので、拾った人が連絡をくれるかもしれない。

 ただ、iPhoneを拾った人がいい人ばかりとは限らない。多くの人は他人にiPhoneを使用されないために4桁のパスコードでロックをかけていると思うが、万が一ロックをかけていない人はiCloudからロックをかけることも可能。

また最後の手段として、iPhoneを初期化することもできる。初期化……といっても、あとでiPhoneが見つかっても、登録してあるパスコードで復元が可能なのでご安心あれ。同様の機能を持ったアプリもあり、それが友だちや家族のiPhoneやiPadにインストールされていれば、同じ行程で探せる。ただし、iPhoneの電源が入っていること、紛失したiPhone側でiPhoneを探すという項目がオンになっていること、さらに「Apple ID」を取得していることが必須となる。

 上記の方法でダメなら、すみやかに契約している携帯電話会社のカスタマーサポートへ連絡を。電話回線使用のストップ、遠隔ロック、追跡などができるが、携帯電話会社によってサービス内容、かかる料金などが異なるので注意しよう。

新着記事