本文へジャンプします。

ビジネス・経済
電車内の中吊りが消える! 映像広告とスマホの連動
 最近、衝撃的なニュースを目にした。それは「山手線の車両内から中吊り広告がなくなる」というものだ。どういうことかというと、来年秋から順次導入される山手線の新型車両には列車の窓上に一車両あたり13~20面の液晶広告が配置されるため、中吊り広告が使われないという。最たる要因として考えられるのがスマートフォンの普及で、山手線だけでなく電車に乗っている時に広告に目をやる機会は、自分自身を省みても減っている。もちろん、フレックスなど勤務形態の多様化や生活パターンの変化も影響しているのだろうが、電車内中吊り広告の注目度が下がりつつあるのが現状だ。

 そんな中、注目を集めているのが「デジタルサイネージ」と呼ばれる電子広告。デジタルサイネージとは「屋外や店頭などに設置された映像表示機器に、デジタル技術を活用して映像や情報を表示」させる広告手法で、都内ではビルの壁面や店内の壁などさまざまな場所に液晶ディスプレイが設置され、広告やCMなどが流されている。

 皆さんも経験上分かると思うが、人は静止画よりも動画の方に注目しやすく、最近では“歩きスマホ”の危険性が叫ばれていることからも、デジタルサイネージの需要は高まっていると考えられる。紙媒体経験者としては、何とも時代の流れを感じてしまう。

 とはいえ、自分も含めてスマホを手放せない以上、スマホとの連動も視野に入れる必要がある。例えばスマホのAR機能と連動させてゲームにしたりアンケートを採ったり、時間帯や乗客の好みなどにあわせていろいろな演出が可能になる。先端的な双方向の仕組みや顔認証のカメラなどを組み込んでも面白そうだ。大好きなアイドルなどが掲載されたポスターや広告がはがされた…なんてニュースは、近い将来なくなるのだろうな…

新着記事