本文へジャンプします。

ビジネス・経済
オンラインバンキングは危険なのか? こう使えばきっと大丈夫
 利便性の高さから、オンラインバンキング(ネットバンキング)を利用している人も多いはず。かくいう自分もそれとなく活用しているが、なかに興味はあるのだが、「安全性が……」などセキュリティ面への不安を理由に、利用をためらっている人もいるかも知れない。

 まずはオンラインバンキングのメリットとデメリットを考えてみたい。そもそもオンラインバンキングは、銀行取引をインターネットで行うことで、口座に残高があれば残高照会や振り込みはじめ、専用サイトにアクセスすれば多様な取引を利用できる。当然ながら、振り込みをのぞいて現金での口座への入出金はできないのは言わずもがな。オンラインバンキングを利用できるのは都市銀行、地方銀行、ゆうちょ銀行で、利用申し込みすることが必要だ。窓口やATMと併用して使うことでき、単純に取引方法が増えることになる。

 ではメリットは何だろうか? 最大のメリットは窓口やATMまで行かなくても取引ができる点。通帳記帳に行くのが面倒、そもそも時間がない人は多いはず。自宅のパソコンで好きな時に残高や入出金の照会ができるので、忙しかったり悪天候時には重宝する。振込手数料が窓口よりも安いのうれしい。

 メリットだらけに思えるオンラインバンキングも、落とし穴はそこかしこに。安全な取引のため本人確認用のIDやパスワードを設定するのだが、忘れてしまったらさあ大変。ログインできずに取引が不能になってしまう。忘れた時の手続きの煩わしさもこの上ないので、決してIDやパスワードを忘れないように。あとは最近、ニュースなどで目にする機会が多い「不正アクセス」問題。不正サイトにアクセスしてしまい、気付かぬうちにIDやパスワードを盗まれる……なんて事態は決して人ごとではない。

 何よりも覚えておいてほしいのが、「一画面で全パスワードを入力することはない」ということ。オンラインバンキングでは、ログインパスワードのほかに、取引実行時などに”乱数表”と呼ばれる細かい数字が一覧になったカードから数字を入れるケースが多い。この乱数表の数字などは毎回ランダムなものが指定され、一度に全てを入力することは決してない。万が一、要求されたら偽ページを疑おう。

 ここまであえて言わなかったが、パスワードの使い回しなど論外。完璧な不正ログイン対策は難しいけど、セキュリティ対策ソフトの利用やパスワードを定期的に変更するなどして手を尽くし、しっかりと自分の身を守ろう。

 ちなみに、@niftyでは「ワンタイムパスワード」「ログインアラート」「ログイン履歴管理」などのセキュリティ対策をユーザーに提供している。利用中のWebサービスでこのようなセキュリ機能が提供されていれば、積極的に使っていこう。

関連コンテンツ @niftyのID安心ガイド

新着記事