本文へジャンプします。

パソコン・ソフトウェア
音声(音楽)ファイル形式って多くの種類があるけどどう違う? 海外では定番らしいFLAC形式って何?
 音楽ファイルといえば、WindowsユーザーならWAV、MacユーザーならAIFFを真っ先に思い浮かべるだろう。また、ファイルサイズが約10分の1になる、MP3やWMA、AACといった音声圧縮ファイルを使いこなす方も多いはず。が、そこで誰もが陥るジレンマとは?
「WAVファイルは音質に優れるけれど、ファイル容量が大きすぎる」、「MP3は圧縮できて便利だけれど、音質が今ひとつ……」
そんな悩みを即座に解決してくれる魔法の音声ファイル(笑)、それがFLACだ。

 日本では馴染みの薄いFLAC形式だが、海外では音声ファイルの定番として広く普及し、WAV派とFLAC派の間で優劣を競う論争まで起きているという。圧縮率はWAVファイル比2分の1程度なので、MP3とは比べるまでもない。が、「圧縮率が低い」=「情報の欠落」が少ないため、「そこそこのファイル容量で、それなりに満足できる音質」を求めるユーザーには、まさに打ってつけの音声圧縮形式なのだ。

 FLAC形式が優れる最大のメリットとは、例えばWAVファイルから変換したMP3ファイルを使っていて、「WAVファイルに戻せたら……」と思う機会は少なくないだろう。でも、MP3は“不可逆圧縮”形式なので無理な注文。“不可逆”などといわれると難解そうだが、要は「二度と元に戻らない」ということ。その点、“可逆圧縮”形式のFLACファイルであれば、それこそ1ビットの狂いもなくWAVファイルに再変換できるのだ。しかもWAV→FLAC→WAV→FLACと、何度でも。この利便性はヘビーユーザーほどありがたく思うに違いない。

 それほど便利で優れた形式が、なぜもっと普及しないのか? 天は二物を与えてくれないもので、FLACファイルにも欠点はある。再生・変換可能なソフトが限られる上に、家庭用・車載用機器の大半が未対応。iTunesもNG。iPhoneやiPodが世界一普及している日本では、これが致命的な要因ともいえそうだ(ただし、専用アプリを使用すれば再生可)。とはいえソニー・ウォークマンでは多くの機種が標準対応するなど、家庭用機器への普及も時間の問題だろう。数年後には、「今どきMP3なんか使ってるの? フツー、FLACでしょ」といった会話が当たり前に交わされているかも?

新着記事