本文へジャンプします。

パソコン・ソフトウェア
今さら聞けない、メモリ、CPU、ハードディスクの役割の違い
 メモリ、CPU、ハードディスク(HDD)。店に行くと「メモリは何ギガでハードディスクは何ギガで」と説明されたるため混同されがちだが、まったく違うものだ。PCの基本的な性能はこの3つでおおよそ決まる、といっても言い過ぎではないパーツなのだが、どれが何でどういうものなのかということをきちんと理解できていない人も、少なくはないだろう。

 まず、HDDはあらゆるデータの保管庫で、“書斎”というように説明されることが多い。書斎には本やCDや書類、DVDなど、さまざまな物が置いてあるものだが、HDDはまさにそういうもの。部屋が広ければ広いほど物がたくさん置けるのと同じく、HDDの容量が多ければ多いほど、たくさんのファイルを保存できる。

 次はメモリ。メモリはCPUが処理を実行するための作業スペースで、同時に開いて作業のできるソフトの最大値を示す。ソフトは1つ立ち上げるごとにちょっとずつメモリを使用するので、メモリの限度以上の数のソフトを一度に使うことはできない。これは机の大きさに例えられ、机が広ければたくさんの書類や参考書を開いておけ、それだけ作業を効率的に行える。つまり、メモリが大きいほど多くのソフトを同時に立ち上げて作業ができ効率的なのだ。ただし、メモリの限度ギリギリまでソフトを開いておくと、不具合を起こしたり処理速度が遅くなるおそれもあるため、なるべく余裕を持っておいたほうがいいだろう。

 続いてのCPUは、メモリやHDDとはまったく違う。メモリとハードディスクは単位が「バイト」で容量のことを指すが、一方、CPUの単位は「ヘルツ」と呼ばれるクロック周波数で、PCの処理スピードの単位にあたる。クロック周波数とは“1秒間に何個の処理を行えるか”を表し、たとえば「2.4ギガヘルツ」のCPUなら「1秒間に2.4ギガ個の処理が行える」ということを意味する。要するに、“頭の回転の速さ”のようなもので、数値が高いほど高度な作業ができることになるのだ。

 PCの基本性能を決める3つのパーツを説明してきたが、「じゃあPC購入時に見るべきポイントはどこ?」といった疑問を持つ人もいるかも知れない。ということで、最後は各パーツのチェックすべきポイントを挙げてみる。

・CPU……性能はクロック周波数をチェック!  家電量販店などに並んでいるようなPCなら極端に遅いということはない。しかもネットやメールの閲覧、ExcelやWordでの作業といった目的なら、CPUの性能はそれほど気にする必要はない。

・メモリ……性能は容量をチェック! それほどPCに詳しくない人が軽視しがちなのが、メモリの容量。メモリは容量が大きければ大きいほどよく、予算との兼ね合いもあるが、CPUを1ランク落としてでもメモリ容量を増やしたほうがいいかも。一度に何個ものソフトを立ち上げた時、モサモサと遅い動作にイライラしたくないなら、大容量を選びたい。

・HDD……性能は容量をチェック! 最近では大容量HDDの価格も安くなってきているため、予算をあまり気にせず大容量が選べるのがうれしい。デジカメで撮った大量の写真や動画ファイルなど、思い出や趣味をとことん保管したい人なら、なおのこと大容量のものをオススメする。

 新たにパソコン購入を考えている方は、今持っているパソコンのCPU、ハードディスクとメモリの容量をしっかりチェックし、比較しながら目的に合わせて選ぶべし。各パーツの詳しい選び方などは、また別の機会にでも。

新着記事