本文へジャンプします。

パソコン・ソフトウェア
世界的なブログソフトの定番「WordPress」はフツーのブログサービスと違うの? WEBサイト構築の基本をWordPressで学ぼう!
 ブログを開設している、あるいは開設を考えている皆さんは、「WordPress」をご存じだろうか。自身でインストールから設定・管理まで全てを行うブログ専用アプリケーション・WordPressは、2003年の初版リリース以来、全世界にユーザーを広めている超人気ソフトなのだ。

 その使いやすさとオープンソースの魅力から、様々なテーマや機能を追加するプラグインが世界各国のユーザーにより開発され、今や「WordPressにできないことはない」といわれるほど。背景から文字設定、細部のデザインまでがセットになったテーマを交換するだけで、見た目がまったく異なるブログに切り替えることもできるため、一目見ただけではWordPress利用だとわからないサイトも数多い。ユーザーがカスタマイズできる要素も豊富なので、最近ではブログの範疇を超え、ネット通販など小規模な商用ユースで利用されるケースも目立つという。

 筆者自身もWordPressでブログを開設しているが、カスタマイズ性の高さやプラグインのバラエティさには舌を巻くほど。各種カスタマイズを始めると、あっという間に数時間が経過してしまう、ある意味、趣味&中毒性の高いソフトウェアだともいえそうだ(苦笑)。

 WorPress本体は日本語化され、英語圏での開発が主体のテーマやプラグインも、多くの日本人ユーザーが日本語サイトで解説してくれている。なので、言葉の壁から敷居の高さを感じるケースは少ないだろう。とはいえ、使いこなすにはある程度のスキルも要求される。ただインストールするだけでも使えるが、その奥深さを体感するためには、HTMLやCSS(スタイルシート)といったWEBサイト構築の基本理解も必要だ。逆に、そうした要素を楽しみながら学ぶには、格好の素材だともいえる。

 ユーザーのホームページ作成を応援する「@niftyホームページサービス」など、プロバイダのオプションサービスを利用すれば、レンタルサーバー契約やドメイン取得などの手間も不要。WordPress専用の簡単インストーラーも用意され、面倒なインストールも簡単にできるはずだ。まずはプロバイダなどのブログサービスで基本を理解し、「もっとこうしたい」「こんなことはできないのだろうか」という欲が出てきたなら、是非WordPressの世界に飛び込んでみてほしい。

新着記事