本文へジャンプします。

パソコン・ソフトウェア
海外ではトレンドらしい動画フォーマット「mkv」って、何? 動画ファイル規格のマトリョーシカ人形!?
 ネットやパンコンで動画を視聴する場合、様々なフォーマット(ファイル形式)を目にする。Windowsユーザーには「avi」(及び後継フォーマットの「asf」)、DRM(デジタル著作権管理)を実装した「wmv」が、Macユーザーには「mov」という形式が一般的だ。

 こちらもよく見かける「mp4」や「flv」は、ネット上のストリーミング配信で多く用いられるフォーマット。高い圧縮率でファイル容量を小さくできるため、動画配信サイトではこの両形式が主流となっている。DVDやBlu-ray(BD)、デジタル放送の普及とともに開発された「mpg」、「ts」、「m2ts」などMPEG-2規格のフォーマットは、ファイル容量が大きくハードウェアへの負担も大きいが、画質は満足できるもの。以上の9形式を把握していれば、通常の動画再生はOK。その多くは特別な再生ソフトやコーデックをインストールすることなく再生できるはずだ。が、マルチメディア・ファイルの進化は著しく、近年、新たな形式として注目されているフォーマットがある。それが「mkv」だ。

 正式名称は「Matroska」(マトロスカ)。ロシアの入れ子人形“マトリョーシカ”のようだが、実はそれが命名の由来。「mp4」に近いレベルの圧縮フォーマットで、多くの動画・音声ファイルから変換でき、チャプター、複数字幕・多重音声の切り替えなど多種多様な機能を有しているのが、まさにマトリョーシカなのだとか!? ただし、専用コーデックが必要で再生ソフトも一部のプレイヤーに限られ、DVDやBDレコーダーといった家電製品では(ほぼ)対応不可。例えばiPadなどで再生したい場合は、mp4形式などにエンコード(変換)する必要が生じる。

 こうした手間から一部では“鬼っ子”扱いされるmkvファイルだが、画質と機能は他の規格を凌駕し、現状ではもっとも優れた圧縮動画フォーマットとする説もある。近い将来、動画フォーマットの主流になる可能性もあり、覚えておいて損はないだろう。何かの拍子にmkvファイルを入手したならば、フッとほくそ笑み黙って受け取る。「わかってるな、こいつ」といったフリをするには、まさに打って付けの動画フォーマットなのだ。

新着記事