本文へジャンプします。

WEB・インターネット
趣味の世界広がる!?翻訳サイトの特徴をつかんで英語サイトを有効活用しよう
 インターネットを利用していて多くの人が突き当たる壁。それが外国語だろう。検索結果に英語圏のサイトばかりが羅列され、途方に暮れる人も多いのでは。そうした際に便利な翻訳サイトも、肝心の翻訳精度はサービスごとに千差万別。珍妙な訳文が表示され、頭を抱えてしまうケースも……。何を隠そう筆者自身も、趣味系の英語圏サイトに出入りしながら翻訳サイトと格闘する日々を送っている(苦笑)。

 筆者の体感でいうと、直訳になりすぎる傾向が強いのは「Google」。英→日翻訳に顕著だが、直訳で意味不明な日本語も少なくない。逆に日→英翻訳では、英語圏にルーツを持つGoogleらしい、口語表記に強いという特徴も見受けられる。アメリカ人が好むスラング的な口語体に驚かされるケースも!?

 一方、国内の各ISP系翻訳サイトは、日本人が好む“意訳”要素が訳文に盛り込まれ、英語圏サイトが不得手とする部分であろう英→日翻訳では、“より自然”な日本語として読めるよう工夫されている。逆に日→英翻訳ではやや堅苦しい、“教科書英語”になりがちな傾向も。各サイトごとに翻訳エンジンが異なるため、好みの訳文が表示されるサービスを見つけよう。

 また、国内ISP系サイトで日→英翻訳する際に有効なのが、「再翻訳」機能。意味不明な日本語が表示されてしまう場合、まずは最初に入力した原文を見直そう。日本語は主語・述語の関係が曖昧になりがちなので、「I」と「You」が混同されていたり、「it」の多用で不自然な英文になっている場合も。そういった時はGoogleにはない「再翻訳」機能を、是非活用してみてほしい。ちなみに、Google、国内ISP系とも不得手なのが、日→英翻訳時の単数形と複数形。日本語では区別されない単語も多いため仕方ないのだが、デフォルトでは「a」を付けた単数形に訳されることが多く注意が必要だ。

 他にもサービスごとに細かい特徴があるので、自分流の利用法を探求してみよう。翻訳サイトを味方にすれば、英語圏フォーラムで世界中の人たちと交流できるのだから。筆者の趣味系サイト? それはもう、日本が世界に誇る文化「アニメ」に決まっているじゃないですか(笑)。
関連サービス @nifty 翻訳

新着記事