本文へジャンプします。

スマホ・携帯
今さら聞けないスマホのバッテリー節約術
 スマートフォンは小型のパソコン並に高機能で便利なアイテムである反面、いろいろ分からないことも多い。特にガラケーと比べて悩ましいのがバッテリーの“持ち”。予備のバッテリーを用意したり外出先で充電できるのなら話は別だが、やはり本体だけで長く使いたいというのが誰しも望むことなので、手っ取り早くバッテリーを長持ちさせるコツを紹介していく。

 スマホをはじめ小さなバッテリーで動く携帯端末では、端末を使わないのが一番効果的な節約術だ。「何をバカなことを……」と思うかも知れないが、取り立てて使う目的がないときは、ムダな操作は一切せず、できるかぎり待ち受け状態にしておくのがベストといえる。とはいえ、それではせっかくの高機能も役に立たないわけだが……。そこで動作時の電力消費をどう抑えるかが重要なのだ。

 まずはスマホを初期設定のまま使っているという人は問題外。放っておくとバッテリーがどんどん減っていくので、使わない機能のオフや不要不急なアプリなどは使わず、使用後も即スリープが長持ちの鉄則となる。また液晶画面の明るさも見落としがちなポイントで、液晶のバックライトはかなりの電力を消費する。画面の明るさに関しては自動調整などのチェックを外したり、見るのに不便を感じない程度に輝度を下げれば、これだけでもかなりの節約に。さらに未使用時のバックライト点灯時間をできるだけ短く設定するのも効果的だ。

 ただ画面周りの節約に気合いを入れすぎ“ケチな人”と思われたくない人もいるかも知れない。そんな人には通信機能での節約がオススメ。インターネットやメールなど多くのデータをやり取りする「データ通信」はバッテリーの減りが早い。加えてスマホを移動しながら使うため、接続可能なWi-Fiアクセスポイントを探し続けるのもバッテリーの持ちを悪くしてしまう。そこで使わない時や電車移動など接続先が頻繁に変わったりする際は、Wi-Fiをオフにすれば減りを和らげられる。突き詰めれば常にデータ通信をオフにしておけば、ネットやメールは使えないがバッテリーを大幅に長持ちさせられるのだ。

 ほかにも各種アプリの自動更新をオフにしたり確認間隔をできるだけ伸ばしたり、使わないアプリの同期をオフ、Androidスマートフォンではアニメーション表示される「ライブ壁紙」をオフにしたりなども有効だ。ちなみに、通知音やバイブ機能をオフにするのも効果が見込める。

新着記事