本文へジャンプします。

ビジネス・経済
総務省がSIMロック解除を義務化へ。ビジネスや生活はどう変わる?
 総務省が「SIMロック解除の義務化を正式に決定した」というニュースが流れ、ホットな話題となっている。そもそもSIMロックとはどういうもので、なぜあるのか。そしてSIMロックが解除されるとどんな影響が出るのか、スマートフォンなどの携帯 端末が欠かせない現代では、とても気になるところだ。

 携帯電話やスマホには「SIMカード」という小型のICチップが入っていて、契約情報や電話番号などユーザーを識別する情報が記録されている。SIMカードを挿さないと通話や通信ができないように制限(ロック)されていることSIMロックという。つまり、ドコモで契約した端末に同じ形状をしたauやソフトバンクのSIMカードを挿し替えても使えないということ。しかしSIMカードと端末は分離した物だから、別々に用意し組み合わせて使うことも可能。実際、キャリアによってはSIMだけの契約もあり、注目を集めているMVNO(仮想移動体通信事業者)の多くはSIMだけを提供している。MVNOとは自社では回線を持たず、キャリアから回線を割安で借り受け自社ブランドでサービスを提供している事業者のこと。

 そう考えると各キャリアから端末とサービスを一緒に買わず、別々で購入すればという発想も。海外では実際にそうしたスタイルが一般的な国もあるが、国内ではSIMロックの存在が難しくしている。キャリアは端末の開発などにコストをかけているため、端末が高価になってしまう。それをSIMロックをかけユーザーが他社に移りにくくすることで、キャッシュバックや月々の割引などのサービスを行っている。

 ところがSIMロックの仕組みがキャリア間の競争やMVNO参入を阻害していると総務省は考え、SIMロック解除について議論してきた。義務化の具体的内容は現状では未定だが、SIMロック解除が義務化されるとユーザーにはどのようなメリットがあるのか。最大のメリットは端末を買い換えることなくキャリア変更が簡単になることだ。これまで格安SIMを使えなかった端末でも利用できるようになるため、料金プランの選択も広がり、現状ではあまり差が見られない通信費も安くなることも考えられる。また、海外へ行く際もSIMフリーなら普段使っている端末を持って行き、旅先でプリペイドSIMを購入して挿し替えるだけで使えるので通信費が安くすむ場合もある。ただし、全ての端末が全キャリアのネットワークに相互対応していないから、SIMを挿しても使えなかったり各キャリア提供のサービスが受けられないなど、性能をフルに生かせないケースが出ることも忘れてはいけない。

 SIMロックでユーザーを確保できないため端末価格が高騰する危険性はあるが、LTEへの対応などMVNOのサービス充実が進んだことや人気スマートフォンのSIMロックフリーモデルが登場するなど、解除の義務化で選択肢が増えたり料金体系の見直しなど希望も十分。キャリアに依存しないビジネスモデルの展開やSIMフリー端末を発売するメーカー各社の付加価値提供などビジネスシーンにも影響が出てくるだろう。

新着記事